骨粗鬆症になる若い女性が増えている原因を知って、予防しましょう

骨粗鬆症になる若い女性の方が

増えていることが問題になっています。


なぜ、若いのに、骨粗鬆症になってしまうのでしょうか?


理由は、カルシウム不足だけではありません。


答えは、美白を保つために、

全く日光を浴びないからです。


骨粗鬆症と日光に何の関係があるのだ?

と思われ方も多いと思います。


しかし、骨粗鬆症と日光は、

実は切っても切り離せない関係にあるのです。


そもそも骨を構成している成分は、

大きく分けると、

カルシウムたんぱく質ビタミンD

の3つの栄養素になります。


カルシウムとたんぱく質は、

食事から摂取することができます。


しかし、ビタミンDは食事から

摂取することができないのです。


ビタミンDは人体が太陽光を浴びることで、

体内で生成される成分なのです。


食事から摂取することはできません。


極端に美白を意識している女性は、

まったく、太陽光を浴びないため、

ビタミンDを体内で生成することができず、

骨がもろくなってしまうのです。


成人に限って言えば、骨は一度減ってしまうと

どんなにカルシウムを取っても増やすことができません。


維持することしかできないのです。


極端に美白を意識した人に限って、

骨がもろく、軽い転倒をしただけでも

骨折するケースが非常に多いのです。


そして、病院で検査を受けると

骨粗鬆症と診断されることが多いのです。


確かに太陽光(紫外線)を大量に浴びると

シミやそばかすの原因になります。


しかし、適度に浴びる分には、

極端にシミやそばかすの原因にはなりません。


専門家の話だと1日に15分でもいいので、

太陽光を浴びることで、十分な量のビタミンDを

体内で生成できるとのことです。

不足しがちなカルシウムを手軽に(ココア味)徳用90日シリーズ カルシウム&ビタミンD【税込3000...


健康管理にはくれぐれも気をつけてくだいさいね♪




modeyase_diet at 21:43│clip!ブログ 


くりっく365業者の比較